ここでは通所開始から就職までの流れを説明します。

①通所開始

就職までにかかる時間も、通っていく道筋も、一人ひとり異なります。
一人ひとりにあった道を歩むため、就職に向けての希望や不安に思うことなどを気兼ねなくご相談ください。
一人ひとりに合わせたカリキュラムを作成します。
いつも支えてくれている周りの方や、スタッフ、通所している仲間と一緒に自分のペースで進んできましょう。

②就職できる自分を目指して成長していきましょう!

まず、就職に向けての希望(職種や業務内容など)について話し合います。
その中で、習得したいスキルや体調管理の不安の解消など、どうなれば就職できるかを考え、基本となる計画を立て、カリキュラムを構築していきます。
また、最長でも3カ月に1度は計画の見直しを行い、軌道修正や変更を加えながら、最新の計画に基づき就職へ向けて活動します。

③職場体験・企業インターン・雇用前実習

面接を受けに行くにしても、希望の職場が本当に自分にあっているのかは働き始めなければ分からないと思います。また、雇う側である企業様も短い面接時間だけでは推し量れない部分がでてきます。
このような不安を少しでも解消するために雇用前実習は有効です。
面接の際に、応募者本人に就労支援機関のスタッフが付き添い、履歴書の内容だけではなく、障がいにどんな特性があるのか、合理的配慮を求める説明をさせていただくこともありますが、残念ながら、それだけでは伝わらないことが多いのが現状です。
そのため、雇用前実習で応募者側も企業側も様々な確認をすることができます。
実習中の業務や日常生活を3ヶ月後、半年後、1年後、その先も続けていけることが大事です。

④就職活動

様々なスキルアップを通して自信が付いてきたら、就職活動です。
アクロステクニカルカレッジでの実務業務を通して、業務適正を考えていきます。
自分がやりたいことが仕事に繋がるか、長く働くことができるのかを考えて行きましょう。
志望する業種や会社が決まれば、その志望業種・業界・会社について研究していきます。
そして、ハローワークや人材紹介を通して、志望する業種で条件に合う仕事探しを行っていきます。
並行して、履歴書の書き方や、職務経歴書の書き方を学びながら作成していきます。
また、自身の障がいの理解を基に、説明書類を作成することで、企業への説明とご理解を頂く努力をします。
模擬面接を通して、志望動機や、自身の障がいや病気についての説明、できる業務内容などを相手に伝える訓練をしていきます。面接官の質問に対して、適切に回答できるように練習をしていきますので、本番にも自信を持って臨むことが出来ます。
場合によっては、支援員が付き添って企業訪問・面接を行うことができることもあります。
アクロステクニカルカレッジでは、できるサポートをしっかりと行っていきます。