就職後の定着支援

就職後も、長期にわたりお仕事が継続できるよう、企業と連携しサポートしていきます。

志望した企業から内定通知が提示されます。

入社前から利用者の業務における要望を企業様にお伝えし、合理的配慮をして頂けるように相談します。
問題点を、仕事に関する内容(就労移行支援)、生活に関する内容(就労定着支援)に分け、それぞれの解決策を見出します。
支援機関や支援方法、支援頻度など企業と働く方の意向を検討し、定着支援計画書を作成し、それに基づいた支援を計画的に行っていくことを、支援機関、企業、就労者で確認します。

定期的に利用者、企業様と連絡を取り、場合によっては、訪問し、直接、お話を伺って問題点や不安がないか確認していきます。
ご本人が職場に慣れ、業務を進めて行くために、定着支援計画書を元に業務量の調整や不安の解消などに対する支援を、関係機関と連携しながらおこないます。
企業における業務指示方法やコミュニケーションの仕方などについてもご相談に乗ります。
また、定期的な企業訪問と面談を続けていくことで、体調やメンタルヘルスの変化を常に確認しながら適切なサポートにつなげます。

企業訪問の頻度を下げながら、ご本人が職場の同僚の方々に理解や手助けを求めたりできるような支援計画にしていきます。
その一方で、その職場の方々が就職者を自然にサポートできるよう、相談を継続していきます。

社後、半年が過ぎても定期的に面談を行っていきます。
ご本人の状況を確認し、問題がない場合には、
必要に応じた相談支援を中心とした対応へと移行していきます。
ただし、ご本人および企業の双方が気軽に相談できるような関係性を常に保ちながら継続的な就労をお手伝いしていきます。