公式SNS

ツリーとピラミッド

みなさんこんにちは!アクロステクニカルカレッジです?


年末お忙しい方も多いと思います?ご自身へのクリスマスプレゼントは決まりましたか?

しんどいときは自分で心や身体を甘やかしていきましょう?


今日はロジカルシンキングの代表例「ロジカルツリー」と「ピラミッドストラクチャー」についてお話します?

用途によってどちらを活用するか変わるので、それぞれの特性をしっかり把握しておくことが大切です!


① ロジカルツリー

物事を構成する要素に分解し、問題の原因や解決策を導く際に使われるフレームワーク。

よって「検討・思考」の際に使われることが多い。

問題の全体を把握した上で問題を深堀りし、原因を特定できる。


② ピラミッドストラクチャー

結論を主張したい時に、その結論の正しさを証明する根拠を並べていくフレームワーク。

よって「説明・説得」のために用いられることが多い。

相手にとって聞きやすく、説得力のある報告・提案ができる。

今日の集団講義ではどちらの思考法も実践してみました?

身近な問題からあてはめて考えていくことで構造的思考に慣れてきます、実践あるのみ!です?

状況によって正しいフレームワークを使い分けることは、スマートな論理構成の一助になってくれることと思います? 是非活用してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。